続べらんめえ芸者 作品情報

ぞくべらんめえげいしゃ

美空ひばりのべらんめえシリーズの続編

富喜乃家の芸者小花は、昔は柳橋の有名な待合「春日」の孫娘だった。今では、母のすみは天ぷら屋「花恵」を経営しているが、それも叔母のまきに委せていた。まきは「春日」を再建しようと、「花恵」を担保に入れて「春日」の跡である「喜楽」買収を夢みていた。昔「春日」で下働きをしていた杉が娘の千沙子を連れてやって来た。すみに「喜楽」を買うから雇われ女将にならないかと言うのだ。小花は「喜楽」は自分が買い取るとタンカを切った。小花は家を飛び出し、妹芸者小福に誘われてオリエント電気のテレビ工場を見学に行った。

「続べらんめえ芸者」の解説

美空ひばりの「べらんめえ芸者」にくべらんめえシリーズの一作。脚本笠原良三・笠原和夫、監督・小石栄一、撮影・西川庄衛はいずれも「べらんめえ芸者」の顔ぶれ。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小石栄一
出演美空ひばり 高倉健 吉川満子 清川虹子
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続べらんめえ芸者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-18 00:03:00

広告を非表示にするには