LION/ライオン ~25年目のただいま~ 感想・レビュー 7件

らいおん

総合評価4点、「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「まさこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-05-19

テレビの特番を見て慌てて見て来ました息子を持つ身としてはどちらの母の気持ちにも、そしてお兄ちゃんはどんな25年を過ごしたかなど、いろんなことで感情が揺さぶられました人間のすばらしさ、愛情、家族、そして闇の部分の現実…必見の一本です

P.N.「かんちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-25

サルーは、事故に会わない為(生き抜く為に)に迷子となり、兄のクドゥとはぐれたんだと、最後に感じました。養子に迎えてくれた両親の愛情深さ、健気さ。25年ぶりに再会した実母の「最高級の幸福感」など、幸せに一杯触れる事が出来ました。子役のサルーの愛くるしい瞳が、暫く焼き付いてます。笑笑。

P.N.「広告について」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-04-24

映画は凄くいいのだが、テレビのCMでベッキーが出てくると、ちょっと違和感と不快感がある。 せっかくいい作品なのだから、そういう部分もぬかりなくやって欲しいと思った。

P.N.「bibit」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-19

心を揺り動かされ涙がこみ上げてしばらく立てなかった。人間の愛の深さをニコールキッドマンが好演。迷子になったサルーを演じるサニーパワールの感性の鋭さも存在感を際立たせていた。ぜひそれぞれの目で観て感じてほしい。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-13

ラストで<ライオン>と言うタイトルの意味が証される!!主人公の少年の実母を捜しての「我が心の旅路」。日本でも所謂(中国残留孤児)が中国人の育ての親元から何度となく来日して、やっとの事で実の親と再会する感涙のシーンが見られた…。本編はオーストラリア映画だが、前半の舞台はインド。再会のラストシーンは希望に満ちて歓びの泪が込み上げて来る。孤児や貧困のストリート・チルドレンが多く実在する事実を知って世界を分かち合う愛情に励まされた。人生の応援歌だ♪

P.N.「ちー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-09

兄弟愛や親子愛悲しくも実話ベースで本当にこんな事あるのかと思ったけど、最後は本当のお母さんを見つけれて本当に感動。自分の子供のように見えてしまい両方の母の気持ちで見てしまい、涙が止まりませんでした。周りの方もかなり涙していました。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-04-07

実話ベースの感動ストーリー。インドの社会問題、家族とは何か?二人の母親がいる事への葛藤、とにかくいろいろ考えさせられる内容。決して全てが丸くおさまるわけではないのもこのストーリーが真実だから…

最終更新日:2017-09-23 00:01:48

広告を非表示にするには