完全な遊戯 作品情報

かんぜんなゆうぎ

太陽族の終点を描いた石原慎太郎原作映画化

就職難にあえぐ多くの学生たちを尻目に、会社社長を父にもつ大木壮二は、事実上もう就職先も決り、だから就職試験の席でも臆する色なく、こう答えた。--「いい家庭に育って就職先が決っている連中は勉強する必要もなく、太陽の下でやりたいことができます。しかし彼らとて一瞬太陽を拝んだだけで就職して大きな流れの中に入ると、そんなものは吹っ飛んでしまいます。抵抗はすべて遊戯にしかなりません……」--すべて遊戯にしかならない……あの大きな犠牲を残した事件も遊戯にしか過ぎないのだ、壮二は、若いエネルギーと空白の時間をもて余していた過去を思い出した。

「完全な遊戯」の解説

太陽族の終点を描いたという石原慎太郎原作の映画化。「巨人と玩具」の白坂依志夫が脚色、「赤い波止場」の舛田利雄が監督した。撮影は「絶唱(1958)」の横山実。「夜の狼」の葉山良二・芦川いづみ、「絶唱(1958)」の小林旭、「続夫婦百景」の岡田眞澄らが出演する。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督舛田利雄
出演梅野泰靖 小林旭 柳瀬志郎 武藤章生 岡田眞澄
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「完全な遊戯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-25 00:01:06

広告を非表示にするには