女狐風呂 作品情報

めぎつねふろ

伊豆の温泉宿に起った数日間の出来事

南伊豆の温泉宿・花屋で奇妙な事件が続発した。ここの若主人清次郎は女房おくみと結婚したばかりだが、そのおくみが足に針で怪我したり、材木の下敷になったりしたのだ。犯人は誰か?泊り客には、次の者たちがいた。手伝いにきた大工の佐助はおくみと昔好き合った仲だ。三島の芸者君勇は清次郎と昔関係があった。旅絵師半覚斎は終始黙々と筆を走らせている。江戸の骨董商竜山堂は女の手相を見るのが得意。深川木場の若旦那新助は無類の女好きで、宿の女中お雪にゾッコンである。お目村役の番頭儀兵衛の題目太鼓もききめがない。お雪は矢場の女おそでと仲が良い。おそでには毎年くる小間物屋山城屋が入れ揚げている。

「女狐風呂」の解説

時と場所を伊豆の温泉宿に起った数日間の出来事と限定し、さまざまな登場人物が一つの事件に捲きこまれていくという構成を持った明朗推理時代劇。「風来坊一番勝負」の小国英雄のオリジナル・シナリオを、同じく「風来坊一番勝負」の安田公義が監督、竹村康和が撮影した。「七番目の密使」の市川雷蔵、「謎の逢びきの瑳峨三智子をはじめ、林成年・浦路洋子・中村玉緒らが出演。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
出演市川雷蔵 瑳峨三智子 林成年 浦路洋子
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「女狐風呂」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-11-27 00:01:34

広告を非表示にするには