ウェディング・バンケット 作品情報

うぇでぃんぐばんけっと

ゲイカップルが女の子と偽装結婚する騒動記

ウェイトンはニューヨークで不動産業を成功させ、市民権も得ている台湾出身の青年。彼は白人のボーイフレンド、サイモンと同棲していた。息子の結婚を望む父親は彼をせっつくが、ゲイであることなど言えるはずがない。だが父の健康が思わしくないことを知った彼は、サイモンの友人で上海出身のウェイウェイとの偽装結婚を思いつく。さっそくウェイトンの父と母が息子の晴れ姿を見るために、台湾からやって来た。サイモンをルームメイトだと言って紹介するウェイトン。中国料理店のオーナーのはからいで、台湾の伝統に則った盛大な結婚披露宴が行われた。

「ウェディング・バンケット」の解説

台湾からアメリカに帰化した青年とアメリカ人青年のゲイカップルが、グリーンカードが欲しい上海出身の女の子と偽装結婚する騒動記。同性愛、アジア系アメリカ人の台頭、家族、グリーンカードなど、現代のニューヨークに山積する諸問題を見つめた作品。監督・製作・脚本はニューヨーク大学映画学科出身で、「推手」のアン・リー。共同製作は共同脚本も担当した「ポイズン(1991)」のジェームズ・シェイマスと「シンプルメン」のテッド・ホープ。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督アン・リー
出演ウィンストン・チャオ ミッチェル・リキテンシュタイン メイ・チン ラン・シャン
制作国 アメリカ=台湾(1993)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ウェディング・バンケット」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには