家族の肖像 デジタル完全修復版 感想・レビュー 3件

かぞくのしょうぞう

総合評価5点、「家族の肖像 デジタル完全修復版」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-04-30

そして本篇のシルヴァーナ・バンガーノと初々しいヘルムート・バーガーが出演していたオムニバス映画〈華やかな魔女たち〉の実話風なepisodeを演出したのも本ルキノ・ヴィスコンテイ監督で見応え充分で

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-03

リチャード・ブルックス監督の映画〈エルマー・ガントリー〉や〈泳ぐ人〉等のバート・ランカスターの、人の好さ振りから本編の事が想い出された…。本編の老教授も大きな家を家財を振興ブルジョアジー一家の闖入で心身共に侵食されて行くのだがー。ルキノ・ウィスコンティ監督のデカダンな滅びの美学も又、此処で閃光を放つのだけどね!

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-12

ロバート・アルドリッチ監督のバート・ランカスター主演の西部劇〈ワイルド・アパッチ〉やルキノ・ヴィスコンテイ監督〈若者のすべて〉等を観ていたら本編を思い出した。引き籠り気味で骨董趣味のランカスター扮する老教授が中産階級の家族や若い世代に翻弄される様を描いた…。アントン・チェホフの「桜の園」見たいに貴族の家の崩壊過程が活写される。

最終更新日:2021-05-12 23:54:23

広告を非表示にするには