あねといもうと 作品情報

あねといもうと

川頭義郎が監督した女性ドラマ

高岡義郎には、ふみ子、節子、ちづ子の三人姉妹がいた。長女のふみ子を頭に皆、結婚前の娘だ。母を亡くした高岡家だが、明るく個性を伸ばす娘たちで、楽しい日々であった。そして長兄一郎の妻で今では未亡人の芳枝も、再婚に失敗して、子供を連れて高岡家に居候の身であった。そんなある日、高岡家にも娘たちを中心に波風がたち始めた。次女の節子は、父に内証で同僚の健一と結婚の約束を交わしていたが、その健一が父との対面を前に結核で倒れてしまったのだ。しかも健一の母は、見舞った節子に結婚は許せないと冷たく言い放った。

「あねといもうと」の解説

佐多稲子の同名小説を「風の視線」の楠田芳子が脚色「海抜0米」の川頭義郎が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの荒野諒一。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督川頭義郎
出演山村聡 岩下志麻 倍賞千恵子 中村晃子 久我美子
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あねといもうと」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-12-17 00:01:53

広告を非表示にするには