火 Hee 作品情報

桃井かおり×中村文則 圧倒的な72分

アメリカでクリニックに勤める精神科医の真田。一人の女性を問診するが、その話は、真田の想像を超える、壮絶なものだった。幼い頃に家が火事になり両親を亡くし、学校ではイジメを受け、結婚相手からは浮気をされる。離婚してからは、アメリカで売春をしながら借金生活で過ごす毎日。そんな生い立ちを聞くうちに、女が過去に関係した男と自分を重ねる真田。話はさらにエスカレートして行き、思いもよらない方向へと向かっていく…。

「火 Hee」の解説

2006年公開の『SAYURI』以降、拠点をロサンゼルスに移し世界で活躍する女優・桃井かおり。処女作『無花果の顔』以来、待望の第二弾となる監督作は、05年に「土の中の子供」で芥川賞を受賞してからというもの、次々にベストセラーを放つ若き文豪・中村文則との異色のタッグが実現。今回桃井が手にしたのは、かつて放火を犯した娼婦が精神科医との対話を通じて、その呪われた生涯を独白するサスペンス風の短編「火」。桃井自ら監督・脚本・主演を務めた本作は、非連続的なジャンプカット、時間軸からの逸脱、桃井自身の型破りな演技で構成され、今年2月のベルリン国際映画祭フォーラム部門でワールド・プレミア上映されるや圧倒的な迫力で観客を魅了した。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年8月20日
キャスト 監督・脚本・出演桃井かおり
原作中村文則
配給 KATSU-do
制作国 日本(2016)
上映時間 72分
公式サイト http://hee-movie.com/

(C)YOSHIMOTO KOGYO、チームオクヤマ

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「火 Hee」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-12-24 00:01:53

広告を非表示にするには