十六歳 作品情報

じゅうろくさい

基地に住む少女を主人公にした悲劇

基地周辺の農村。玉川せん子は中学の三年生で、バドミントン部のキャプテンをしている。父親の金造は納屋を改造し、オンリーの美加代に貸していた。せん子は、彼女の派手な生活がなんとなくうらやましかった。ある日、美加代がドライブに連れていった。旦那フィッシャーも一諸だった。抱きあう二人をせん子は好奇な目で眺めた。--せん子はラケットを買うため茶摘みのアルバイトをした。部長の中根先生がそんな彼女をいじらしく思い、ラケットを買ってやると約束した。そして、ある夕、二人は抱き合った。同じバトミントン部の本間先生も彼女を狙っていた。

「十六歳」の解説

基地に住む少女を主人公にした悲劇で、打木村治の原作を「雑草のような命」の三木克巳が脚色し「あじさいの歌」の滝沢英輔が監督した。撮影は「拳銃無頼帖 不敵に笑う男」の横山実。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演浅丘ルリ子 殿山泰司 山岡久乃 謝春国 小池美恵子 渡辺美佐子
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「十六歳」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-07-10 00:02:17

広告を非表示にするには