サラリーマン 目白三平 作品情報

さらりーまんめじろさんぺい

中村武志の原作を映画化

二十数年国鉄本庁に勤める目白三平は、機関紙の編輯に熱心である。雨洩りするような家に住みながら、奥さんの文子や子供達と共になごやかな家庭を営んでいた。ある晩三平の家に、ビール会社に勤める村上の訪問を受けたが、村上が懇意にしている靴屋の娘敏子に彼を紹介し靴を注文させようとしたので、彼はそれをきき入れて頼みつけの靴屋をやめてそこに変えた。だが出来た靴はダブダブで、もう一度手を加えていると結局高い値についてしまった。三平は毎朝飲みに行くコーヒー店の三姉妹の愛想のよさに、血圧や白髪を忘れるほどの嬉しさを感じていた。

「サラリーマン 目白三平」の解説

ニッポン放送で連続放送された中村武志の原作を、「幸福を配達する娘」の井手俊郎が脚色、「女給」の千葉泰樹が監督する。撮影も「女給」の西川庄衛で、音楽は「愛と死の谷間」の芥川也寸志の担当。出演者は「月は上りぬ」の笠智衆、「おふくろ(1955)」の望月優子、「百面童子」の東千代之介、「坊っちゃん記者」の小林桂樹、「石松と女石松」の堀雄二、「女給」の三笠博子、日野明子、星美智子、「血槍富士」の田代百合子、「姉妹(1955)」の中原ひとみなど。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督千葉泰樹
出演笠智衆 望月優子 杉本修 日吉としやす 小林桂樹
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サラリーマン 目白三平」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-04-21 23:33:16

広告を非表示にするには