愛情の都 作品情報

あいじょうのみやこ

杉江敏男が監督した哀愁メロドラマ

村田産業社長村田鉄平の息子邦夫は、鉄平の後継者として修業中の身であったが、女中の子ということから放蕩の生活を送っており、皆を心配させていた。ある日、邦夫は洋酒喫茶「カビリア」のマダム美也子の義妹愛子に会った。愛子は気の乗らぬ結婚を強いられるのを嫌って美也子のもとで働いていたのだった。「海を見たい……」という愛子と一日東京湾に遊んだ邦夫は愛子に恋を打ちあけた。愛子も数々の悪評にもかかわらず、邦夫がほんとうは心やさしい淋しい人だと知ったのだが……。

「愛情の都」の解説

「続青い山脈」の井手俊郎の脚本を「肌色の月」のコンビ、杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影した哀愁メロドラマ。主演は「青春航路」の宝田明、「続青い山脈」の司葉子。ほかに「脱獄囚」の草笛光子、「青春航路」の団令子、小泉博、「地球防衛軍」の白川由美、「続青い山脈」の淡路恵子。色彩はイーストマンカラー。パースペクタ立体音響。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督杉江敏男
出演司葉子 草笛光子 宝田明 柳永二郎
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「愛情の都」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-06-16 00:01:19

広告を非表示にするには