いいにおいのする映画(Be A Light To The World) 作品情報

いいにほいのするえいが

灰色の世界を、照らせ。

いいにおいのする映画(Be A Light To The World)のイメージ画像1
いいにおいのする映画(Be A Light To The World)のイメージ画像2

「魔法使いになりたい。」夢見がちで光遊びが好きな少女・レイは、かつて遠くに行ってしまっていた幼なじみのカイトに再会する。カイトはVampilliaメンバーとライブハウス付きの家に住み込み、作曲やPA、照明を手がけていた。ライブハウスを訪れたレイはステージの照明に心をときめかせ、Vampilliaに懇願し、照明技師への道を歩み出す。そんなある日、ふとしたきっかけでレイの血を見たカイトのとある病気が勃発。その出生の秘密、父・モンゴロイドの葛藤が明らかになり、戸惑いながらもそれを受け入れるレイ。2人の禁断の恋の日々が始まるが……。

「いいにおいのする映画(Be A Light To The World)」の解説

国内外で活動するブルータル・オーケストラ“Vampillia”の音源、ライブパフォーマンスに惚れ込んだ新鋭・酒井麻衣監督によるあて書きのオリジナルストーリーで、照明技師を目指す少女・レイ、Vampilliaの楽曲制作とPAを務める少年・カイト、“Vampillia”を巡るダーク・ファンタジーテイストの青春映画。フレッシュな俳優たちの熱演とVampilliaが手がける音楽の力を得て、モノクロ・パートカラーを巧く使い分け、魅惑的な世界観を映し出す。主人公のレイ役を異色のアイドルユニット“LADYBABY”の金子理江、カイト役を新進気鋭の俳優・吉村界人が演じる。(作品資料より)

いいにおいのする映画(Be A Light To The World)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年2月6日
キャスト 監督・脚本酒井麻衣
出演金子理江 吉村界人 Vampillia 中嶋春陽
配給 SPOTTED PRODUCTIONS
制作国 日本(2015)
上映時間 73分

(C)2015 Little Witch Production/MOOSIC LAB

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「いいにおいのする映画(Be A Light To The World)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-10-27 23:30:58

広告を非表示にするには