私刑 作品情報

しけい

大坪砂男の原作を映画化

昭和初年のころ菅原一家は東京近郊一隊をなわ張りとして勢力をふるっていた。親分松五郎の下には緋桜、梅若という子分があったが、最近売り出して男をあげている清吉という若者もあった。清吉は料亭の女お加代と相愛の仲だったが、梅若もお加代に惚れ自分のものにしようとたくらんでいた。困り果てたお加代は清吉に堅気になって、駆落しようとせまるが、ヤクザの魔力と後難をよくのみ込んでいる清吉は首肯しなかった。そのころ彼等にとって書入日である金源寺の祭礼が始まった。寺では宝物である黄金仏を参詣人におがますことになっていたがその仏を盗む悪計が緋桜と梅若の間でたくまれ、罪を清吉に着せようとしていた。清吉はヤクザ稼業から脚を洗うこと、お加代と一緒になれることを条件に二人の話にのった。だが盗んだ清吉に迫まるものは梅若がひきいる菅原一家だった。

「私刑」の解説

「深夜の告白」の竹井諒の製作担当で探偵雑誌『宝石』に掲載された大坪砂男の原作から小沢効が脚本を執筆し「エノケンのとび助冒険旅行」の中川信夫が監督する。撮影は「エノケン・笠置の極楽夫婦」の河崎喜久三の担当。出演は「謎の八十八夜」の嵐寛寿郎の新東宝初出演で「獄門島(1949)」の進藤英太郎「無頼漢長兵衞」の東野英治郎「帰国」の池部良、同じく花井蘭子、「あきれた娘たち」の久我美子らである。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中川信夫
出演嵐寛寿郎 進藤英太郎 東野英治郎 小堀誠 池部良 花井蘭子 久我美子 清川玉枝
制作国 日本(1949)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「私刑」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:22:27

広告を非表示にするには