青い果実('55) 作品情報

あおいかじつ

源氏鶏太の小説を映画化

ここは海岸の一都市。早川と海田がリーダーになっている「朝がゆ会」が、毎朝欠かさず町はずれの温泉旅館まで駈足をするのは、菊水荘の女中頭お菊さんから温泉とおかゆのサービスを受けることと、もう一つ、金満家の娘美也子の窓の下を通るのが楽しみだったからである。はじめ「朝がゆ会」に声援をおくっていた越後屋呉服店の娘初恵や泉屋雑貨店の娘千枝子たちも、「朝がゆ会」の目的がどうやら美也子にあるらしいと判って絶交を宣言した。美也子には東京の大学にいたころからの知合いで、今は市の病院にインターンで来ている田村次郎という意中の人があるが、田村は働かざる者は食うべからずという主義で、富豪令嬢など見向きもしない。

「青い果実('55)」の解説

キング連載の源氏鶏太の小説を「石松故郷へ帰る」の笠原良三が脚色、「帰って来た若旦那」の青柳信雄が監督、撮影は芦田勇が担当した。主なる出演者は「朝霧(1955)」の岡田茉莉子、「姿なき目撃者」の小泉博、「だんまり又平 飛龍無双」の三浦光子、「やがて青空」の太刀川洋一、小林桂樹など。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督青柳信雄
出演岡田茉莉子 小川虎之助 小泉博 一の宮あつ子
制作国 日本(1973)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「青い果実('55)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:21:38

広告を非表示にするには