慕情の人('61) 作品情報

ぼじょうのひと

丸山誠治が監督したメロドラマ

夫の死後、義母松江と義妹靡沙子のために都心のビル地下街にある運動具店を経営している耿子は、夏の一日伊豆の別荘に遊んだ。先に来ていた靡沙子は、海岸で知りあった画家の卵加納に求婚されたことを告げた。翌日、耿子は加納に会った。加納は靡沙子に対する卒直な愛を告白したが、心の底では耿子の美しさに息をのんだ。夫の友人である石野は、戦後、耿子を助けて運動具店の支配人となっているが、耿子をひそかに愛しており、耿子も石野に惹かれていた。耿子の誕生日の夜、銀座の喫茶店に連れだって現われた石野と耿子は、靡沙子と加納に会った。石野を慕う靡沙子は、耿子を無理矢理加納に合わせ、石野に嘘を言って耿子と離した。街角でたたずむ耿子は待ちぼうけをくった。翌日、石野は事情を話して耿子に詑びたが、耿子は冷たかった。

「慕情の人('61)」の解説

井上靖の『揺れる耳飾り』を、岡田達門・田波靖男が脚色し、「駄々っ子亭主 続姉さん女房」の丸山誠治が監督したメロドラマ。「金づくり太閤記」の太田幸男が撮影した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督丸山誠治
出演原節子 白川由美 岡村文子 三橋達也 滝田裕介
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「慕情の人('61)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-05-07 00:03:04

広告を非表示にするには