婚約三羽烏('56) 作品情報

こんやくさんばがらす

島津保次郎の『婚約三羽烏』をリメイク

大学は出たけれど、世は深刻な就職難。ファッションモデル順子の働きで暮している加村は、その朝、順子から突然別れ話を持出され、深刻な顔で食卓に向ったが、ふと今日は兼一織物会社の就職試験だったと思い出し、別れ話はお預けにして家を出た。首尾よく試験に合格した加村は、同じ合格者である谷山と、自称剣道五段の三木という二人の青年と知り合った。就職が決った加村は狂喜して帰宅したが順子の姿はなかった。一方谷山は中流家庭の坊ちゃん。就職を誰よりも喜んでくれたのは恋人の栄子だった。去った順子を探しあぐねて加村は銀座裏のおでん屋に入ったが、偶然来合せた三木と一緒になり、痛飲した結果は、順子の居ない後へ三木が転り込む破目に。

「婚約三羽烏('56)」の解説

島津保次郎の『婚約三羽烏』('37)をリメイク。宝田明、小林桂樹、小泉博が三羽烏に扮し、元祖三羽烏や戦前の懐かしいスターも総出演するという豪華版。原節子は三羽烏が入社試験を受ける織物会社の面接官を演じている。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督杉江敏男
出演宝田明 小林桂樹 小泉博 司葉子 池部良 原節子 高峰三枝子 佐野周二 上原謙
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「婚約三羽烏('56)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:20:55

広告を非表示にするには