檻の中の野郎たち 作品情報

おりのなかのやろうたち

川崎徹広が監督した青春喜劇

ヒカリ少年矯正院、ミッキーと敬次が親分格だ。森田という新入りがあった。シャバに置いてきた女ナオミのことで、ハリケン吉と決闘することになっているとかで、入ったその晩から脱走を図った。ミッキーと敬次も応援、三人揃って少年院を飛び出した。表にはナオミとハリケン吉が待機していた。彼らが果し合いをしていると、セダンとパトカーが走ってきた。手配が廻ったかと逃げ出すと、二台の車は彼らを見向きもせず行ってしまった。

「檻の中の野郎たち」の解説

「まり子自叙伝 花咲く星座」の関沢新一の脚本を、新人第一回の川崎徹広が監督した青春喜劇。撮影は「野獣死すべし(1959)」の小泉福造。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督川崎徹広
出演ミッキー・カーチス 山下敬二郎 守屋浩 清川玉枝
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「檻の中の野郎たち」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-11-27 00:01:33

広告を非表示にするには