大津波 3.11 未来への記憶 作品情報

おおつなみ311みらいへのきおく

津波と人の物語

大津波 3.11 未来への記憶のイメージ画像1
大津波 3.11 未来への記憶のイメージ画像2

東日本大震災直後から、被災地を3Dカメラで定点観測的に継続取材したドキュメンタリー映画。瓦礫と化した町は、一度は荒涼たる無人の荒野となり、そして今、土地のかさ上げ工事が急ピッチで進んでいる。消えたふるさとにかつての面影はなく、風景を思い出すことさえ難しくなっている。それぞれの土地には、いくつもの物語が残された。津波で身近な人を亡くしながらも、数秒、数センチという不思議な偶然で奇跡のように生き残され、あの出来事を伝える使命を感じている人々。3年経ち、ようやくカメラの前で語り始めた、次の世代に語り継ぐ“未来へのメッセージ”。海とともに生きる島国日本の、家族、夫婦、世代、生と死、破壊と再生、過去と未来、自然と人間等を問いかける。監督は『天のしずく 辰巳芳子“いのちのスープ”』の河邑厚徳。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年3月21日
キャスト 監督・脚本河邑厚徳
語り役所広司
朗読山根基世
配給 ソニー“Livespire”
制作国 日本(2015)
上映時間 80分

(C)2015 NHK メディアテクノロジー

大津波 3.11 未来への記憶のイメージ画像3

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大津波 3.11 未来への記憶」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:19:58

広告を非表示にするには