THE LAST -NARUTO THE MOVIE- 感想・レビュー 2件

ざらすとなるとざむーびー

総合評価3点、「THE LAST -NARUTO THE MOVIE-」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「斧」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2019-12-18

岸本先生ではなく別の人が考えたストーリーなので、原作ファンはモヤモヤするだろう。
そもそもナルトの恋愛に興味ないと原作者が言っているのに、アニメ製作サイドから恋愛ものやりましょうと押した作品なのでね…。
今作が好きな人は、アニメのオリジナル要素(ヒナタ絡み)が好きな人でしょう。ナルトではなく、アニメ版ヒナタのための映画である。しかし改悪が過ぎる。
矛盾や突っ込みどころは沢山あるが、ヒナタ、そんな描かれ方で良かったのか?任務に関係ない嵩張る私物持ってくるなよ…里のために命を懸けて任務に就くのが忍だろ?それなのに忍失格みたいな描かれ方してるんだぜ?それなのに一途で健気みたいなので包んで…最高?忍だろ?
もっとキャラの魅せ方あっただろうに、なんだこれは。誰も幸せにならない。ネジの苦しみや死は無意味だったのか?カカシもサスケも必要か?ナルト、今までの主人公だったお前の生き様や言葉はどこ行ったんだ?

映像は綺麗だが、アニメキャラデザの手癖が酷い。岸本先生のデザインが良かっただけに残念。折角同期やガイ班、砂の三兄弟デザインしたのに活躍なかったなぁ。

P.N.「とら」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-09-23

原作は少年漫画なので、本編は孤独で落ちこぼれだったナルトが努力して立派に成長して夢を叶える物語ですが、この映画では、少年期からずっと彼だけを想い、見守っていた仲間の女の子(ヒナタ)に対して、仲間以上の特別な『好き』の意味に気付き、恋を知り、 傷つき、男としても成長してゆく姿が描かれています。本編でずっとヒナタの片想いを応援していたので、感動もひとしおでした。 アクションシーンや他の魅力的な仲間達の活躍なども見ごたえ満載です!!

最終更新日:2020-11-24 13:56:29

広告を非表示にするには