かげろう('69) 作品情報

かげろう

新藤兼人が脚本・監督を担当した作品

真夏のある夜、屍体を引っ張って尾道に向かう伝馬船があった。被害者は、尾道のバー「磯千鳥」のマダム・おとよだった。尾道警察では、大石主任刑事らで緊急捜査班を編成、この奇怪な事件の解明に乗り出した。さて、とよの屍体は二つの鍵を持っていた。一つは店の鍵もう一方は同じ店に勤める若い娘道子のアパートの鍵だった。捜査陣は道子を追求、つづいて彼女と関係のあった中西を追ったが、何らの糸口も掴み得なかった。

「かげろう('69)」の解説

「触角」の新藤兼人が脚本・監督を担当、撮影も新藤チームの黒田清巳が加わった。なお新人の関功が脚本執筆に参加している。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督新藤兼人
出演乙羽信子 富山真沙子 吉澤健
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「かげろう('69)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:18:52

広告を非表示にするには