三里塚に生きる 作品情報

さんりづかにいきる

成田空港建設反対闘争の過去と現在

三里塚に生きるのイメージ画像1
三里塚に生きるのイメージ画像2

成田空港の建設反対闘争─「三里塚闘争」。1966年、農村地帯の千葉県成田市三里塚に空港を建設する事を国が決定して以来、現在もなお闘争を続ける人たちがいる。激しい闘争が繰り広げられていた頃、青年だった人々。老境を迎えた今も、多くの人たちが三里塚で暮らしている。インタビューを通して、彼らの過去と現在が交差する。闘争の最中、3名の機動隊員が殉職し、反対同盟の青年行動隊リーダーが自死したエピソードが胸に迫る…。

「三里塚に生きる」の解説

小川伸介監督による“三里塚シリーズ”第一作「日本解放戦線・三里塚の夏」の撮影を担当した大津幸四郎が、再び三里塚に生きる人々にキャメラを向け、「まなざしの旅 土本典昭と大津幸四郎」の代島治彦と協同で監督を務めたドキュメンタリー。成田市三里塚に暮らす農民をはじめとするこの活動によって人生をゆがめられた人たちが、その長い闘いについて語る。当時のアーカイヴ映像と、本作にあたり新たに撮影した映像、そして写真家・北井一夫の写真を交えながら、国家権力に抵抗した人々の過去と現在を交差させる。見えてくるのは、対立が生んだ悲劇だ。勇ましくも物悲しい印象的な音楽を担当したのは、「あまちゃん」で知られる大友良英。

三里塚に生きるのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年11月22日
キャスト 監督・撮影大津幸四郎
監督・編集代島治彦
朗読吉行和子 井浦新
出演柳川秀夫 小泉英政 島寛征
配給 スコブル工房
制作国 日本(2014)
上映時間 140分

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「KA」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-10-09

私は4年生の時に日教組の先生に三里塚にクラス全員で連れていかれそうになり、結局父兄が反対して中止になりました。何が起こっていたのか知りたくてみました。もう一つは成田第二滑走路横にある民家は活動家によるものだと思ってはいましたが、ストーリーとしてつながっていませんでした。この映画を見て、活動家は本当に異常なくらい純粋で、だからこんな抜き差しならないところにまできてしまったのですね。

最終更新日:2017-12-23 00:02:18

広告を非表示にするには