ザ・テノール 真実の物語 作品情報

ざてのーるしんじつのものがたり

国境を越えた友情、そして音楽への情熱

ザ・テノール 真実の物語のイメージ画像1
ザ・テノール 真実の物語のイメージ画像2

アジアのテノール歌手の中で高い評価を受けていたべー・チェチョル。ヨーロッパの歌劇場を中心にその歌声を響かせていた彼は、繊細で抒情的ながら強靭なリリコ・スピントという稀有な声質の持ち主だった。そんなある日、甲状腺がんであることが発覚する。手術をしたものの、声帯と横隔膜の神経を切断したため、彼は素晴らしい歌唱力を失ってしまう。もう舞台に立てないという事実を突き付けられた彼を支えたのは、彼の才能を信じる音楽プロデューサー沢田幸司だった。

「ザ・テノール 真実の物語」の解説

「アジア史上最高のテノール」と称されヨーロッパで活躍しながら、甲状腺がんによって声を失ったオペラ歌手ベー・チェチョルの実話をもとにした感動のドラマ。彼の才能を信じる日本人音楽プロデューサーとの国境を越えた絆が、ある奇跡を起こすまでを描いた。名曲「誰も寝てはならぬ」や「アメイジング・グレイス」などに乗せ、栄光と挫折、再起の物語がドラマティックにつづられていく。オペラファンも納得の内容だ。日本のテレビ番組でも特集され、話題を呼んだというこの感動実話を映画として完成させたのは、近作「ミッドナイトFM」が記憶に新しいキム・サンマン監督。ユ・ジテと伊勢谷友介の息のあった共演も見どころだ。イタリアのオペラ歌手ティツィアーナ・ドゥカーティら国際色豊かなキャストにも注目を。

ザ・テノール 真実の物語のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年10月11日
キャスト 監督キム・サンマン
出演ユ・ジテ 伊勢谷友介 チャ・イェリョン 北乃きい ナターシャ・タプスコビッチ ティツィアーナ・ドゥカーティ
配給 『ザ・テノール 真実の物語』プロジェクト
制作国 韓国(2014)
上映時間 121分

(C)2014 BY MORE IN GROUP & SOCIAL CAPITAL PRODUCTION & VOICE FACTORY. ALL RIGHTS RESERVED.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ザ・テノール 真実の物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-21 00:01:06

広告を非表示にするには