かくて女神は笑いき 作品情報

かくてめがみはわらいき

女、銃、復讐がテーマの短編オムニバス

「女」「銃」「復讐」がテーマの3篇。「怯える女」…殺し屋の夫のDVに無抵抗で耐える妻。お腹だけは守るその姿から妊娠していることが伺える。夫が何かに怯えながら外に出て行くと、その夫そっくりな謎の男が現れる。腹部には真っ赤な血痕の跡。二人の会話から、二人が殺し屋として活動していた過去が蘇る。「DIONE」…産婦人科から出て来る一組の夫婦。車内でエコー写真に映る我が子の将来を語る姿は幸せそのものだった。そこにチンピラが乗る車が激突。一命を取り留め手術室に運ばれる妻の脳裏には残酷なフラッシュバックが映る…。「BAD GIRLS」…サキは幼き頃、生きて行く上で大切な物は金、銃、友達だと父親に教えられる。父はその言葉を残しサキの元を去って行った。十数年後その言葉を守り、サキは出張風俗のオーナーとして金を作り、銃で身を守り、そこで働くショウコとユミを友達として逞しく生きていた。ショウコがある組織の裏金の運び屋をしその金を奪い組織の人間を殺してしまい…。

「かくて女神は笑いき」の解説

“次世代を担う人材”を発掘するプロジェクト「クリエイターズ・ファクトリー」から生まれた3つの短編。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年7月19日
キャスト 監督津田寛治 畑井雄介 室賀厚
出演黒沢あすか 榊英雄 笠原紳司 矢島健一
配給 ラ・セッテ
制作国 日本(2014)
上映時間 83分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「かくて女神は笑いき」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:17:44

広告を非表示にするには