荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~ 作品情報

こうやはつらいよありぞなよりあいをこめて

過激に下品に突っ走る爆笑西部劇

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~のイメージ画像1

西部開拓時代のアリゾナ。そこで暮らす地味でオタクな羊飼いアルバートは、野蛮で危険な西部の町を心底嫌い、同じオタクの友人に愚痴をこぼす毎日を送っていた。銃すら撃ったことのない彼は、決闘を挑まれても屁理屈を並べて逃げ出す始末。呆れたガールフレンドのルイーズにフラれてしまう。そんなある日、ミステリアスな美女アナが町にやってくる。超一流の射撃の腕を持つ彼女に、アルバートはあることがきっかけで大接近、恋に落ちてしまうが…。

「荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~」の解説

全世界で約550億円の大ヒット。日本でも空前のブームを巻き起こした映画『テッド』のセス・マクファーレン監督待望の2作目は、過激さと下品さを兼ね揃えた(!)爆笑西部劇だ。マクファーレン自身が演じる主人公は、文化度も民度も低いアリゾナの田舎を心底嫌う地味な羊飼い。超一流の射撃の腕を持つミステリアスな美女と恋に落ち、西部最悪の大悪党と対峙する。冒頭から過激にたたみかける下品な下ネタと、無数に散りばめられたギャグの連続は、観る者を爆笑のウズに誘うこと必至。さまざまな映画へのオマージュが散りばめられ、カメオ出演も贅沢に。シャーリーズ・セロン、アマンダ・セイフライド、リーアム・ニーソンと、俳優陣の豪華さはグレードアップ。『テッド』と同じ満足感を得られるので安心して観てほしい。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年10月10日
キャスト 監督・出演セス・マクファーレン
出演シャーリーズ・セロン アマンダ・セイフライド ジョヴァンニ・リビシ リーアム・ニーソン
配給 シンカ、パルコ
制作国 アメリカ(2014)
年齢制限 R-15
上映時間 116分

(C)Universal Pictures

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「ミスチーフジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2014-10-14

CMのイメージだとハングオーバー系に見えるが、意外に王道な西部劇。細かいところまで、人物描写に味がある。いきなりスプラッタなシーンになるので(数は少ない)、予測しておかないと、苦手は人は、そこで笑いが滞るかも。ラストのプラスアルファはすっきりした。

最終更新日:2017-01-27 15:42:52

広告を非表示にするには