高校さすらい派 作品情報

こうこうさすらいは

滝沢解原作、芳谷圭児の漫画の映画化

久里浜少年院を退院した荒木勉は、少年院の教官武山の紹介で、地方の二流私立高校誠光高校の三年生に編入した。誠光高校は進学率を高めようとエルエル装置導入に踏切って、そのために半ば強制的な寄付を学校側は要求した。勉の若い情熱と反抗心は爆発し、クラスの中でとかく問題の多い、教師から白眼視されている井上勇介、理事長松原剛造の娘和子が参加して、エルエルのテキストを校庭で焼き払ってしまった。さらに学校唯一の東大志望の進藤を理論的指導者に迎えた。そしてクラス全員が、講堂にたて籠った。しかし闘争の敗北は間もなく訪れた。学校側は、勇介を杉山教頭に対する暴行を理由に警察に引き渡し、さらに進藤を東大入試の内申書で釣り、スト派をバラバラにしてしまった。勉と勇介には三カ月の停学処分がいい渡された。

「高校さすらい派」の解説

少年サンデーに連載されていた滝沢解原作、芳谷圭児の漫画の映画化。脚本は「喜劇 男は愛嬌」の熊谷勲。監督は脚本にも参加している同作の森崎東、撮影も同作の吉川憲一がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森崎東
出演森田健作 武原英子 吉沢京子 佐藤友美
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「高校さすらい派」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-11 00:01:06

広告を非表示にするには