渚のふたり 作品情報

なぎさのふたり

さわることって、豊かなこと。

韓国のソウル郊外に住む一組の夫婦。夫・ヨンチャンは、詩を作ることが好きな笑顔が優しい青年だ。しかし、幼い頃に視力と聴力を失い、触覚でしか外の世界とつながることができない。そんなヨンチャンと運命の出会いを果たしたのが年上の妻・スンホ。彼女もまた脊椎障害で少し小柄だが、指点字を使い、ヨンチャンの光となって世界を照らしている。そんな夫婦の2年間を追ったドキュメンタリー。

「渚のふたり」の解説

目も見えず耳も聞こえないという孤独の中、触れ合うことで心を通わせる夫婦の愛を描き、アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭でアジア映画としては史上初めてとなる最優秀賞を受賞した。携帯やSNSなど多様な通信手段がありながら、他人とのコミュニケーションが難しくなっていると感じられる現代。図らずも夫妻が示してくれたように「さわること」の豊かさを再認識させてくれる希有なドキュメンタリーとなっている。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年2月15日
キャスト 監督・撮影イ・スンジュン
出演チョ・ヨンチャン キム・スンホ
配給 メディア・アクセス・サポートセンター
制作国 韓国(2011)
上映時間 87分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「渚のふたり」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:16:09

広告を非表示にするには