私たちが好きだったこと 作品情報

わたしたちがすきだったこと

2LDKの公団で同居する4人の男女を描く

競争率76倍の公団マンションを当てた照明デザイナーの北尾与志は、大学時代からの友人であるカメラマンの“ロバ”こと佐竹専一と共同生活を始めることにした。新生活を祝うために入ったバーで、ふたりはたまたま同席した女性たちと新居の話で盛り上がる。翌朝、酔っ払って眠っていた与志とロバのもとに、昨夜の女、柴田愛子と荻野曜子が引っ越し荷物を抱えて現れた。彼女たちは住んでいたマンションが火事に遭い、住むところを探していたという。約束した覚えのない与志は、4人の住み分けの間取り図まで用意してさっさと荷物を運び込む曜子に戸惑うが、呑気なロバはウキウキしている様子だった。

「私たちが好きだったこと」の解説

偶然の出会いから、2LDKの公団マンションで奇妙な同居生活を始めることになった4人の男女の心の機微を描いた恋愛ドラマ。監督は「トイレの花子さん(1995)」の松岡錠司。俳優の岸谷五朗が、数多くの映画化作品で知られる宮本輝の同名小説の映画化を思い立ち、企画も兼ねて主演している。脚本は「集団左遷」の野沢尚。撮影は「イグナシオ」の石井勲が担当した。主演の4人の男女には「バースデイプレゼント」の岸谷のほか、「GONIN2」の夏川結衣、「バースデイプレゼント」の寺脇康文、「イグナシオ」の鷲尾いさ子。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松岡錠司
出演岸谷五朗 夏川結衣 寺脇康文 鷲尾いさ子
制作国 日本(1997)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「私たちが好きだったこと」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:15:11

広告を非表示にするには