ふりむいた花嫁 作品情報

ふりむいたはなよめ

番匠義彰が監督した下町喜劇

古いのれんを誇る「どじょうの隅田」の主人三田亀太郎は、妻に先だたれてやもめ暮し、新一、春江という二人の子供がある。春江の方はいかにも下町娘らしい働き者で、帳場を預ってテキパキと采配を振っているが、長男新一の方は、テレビ・タレントになるのが念願で店を継ぐ気などサラサラない。亀太郎にとって唯一の慰めはバー「ジャンヌ」で、マダムの蓮子の顔をみながら一杯のむことだった。だが、蓮子には福原商事の社長福原康之助がうるさくつきまとっているので気が気でない。ある日、春江はひょんなことから一人の青年と知り合った。中島和男といい、福原商事の社員だった。二人の仲は急速に親密の度を加え、お互いに愛を誓う仲になってしまった。

「ふりむいた花嫁」の解説

「風来先生」の笠原良三のオリジナル・シナリオを「恋とのれん」のコンビ、番匠義彰が監督、生方敏夫が撮影した下町喜劇。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督番匠義彰
出演伴淳三郎 小坂一也 倍賞千恵子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ふりむいた花嫁」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-14 00:02:06

広告を非表示にするには