妻と女の間 作品情報

つまとおんなのあいだ

瀬戸内晴美の同名小説の映画化

宮中へ御料紙を納めていたほどの老舗の桑村紙店の長女・安澄は、大恋愛のすえ京都を飛び出して、現在は着物のデザイナーとして東京に店を持ち、末娘の耀子を養女にして暮している。姉に代って、店を継いだのは次女の優子だが、経営は夫の政之の力に寄るところが大きい。だが、彼は女ぐせが悪く、最近も秘書の前田英子と関係ができ、この事が優子に知られるや、彼女を東京に囲ってしまった。三女の乃利子は、真面目なサラリーマンの卓に嫁ぎ、平和な生活を送っていたが、そろそろ安穏な生活に飽きがきていた。そんな時、雑誌のレポーターの話が舞い込み飛び着いた。そして編集者の三谷に好意を寄せるようになった。四女の耀子は独身で舞台女優の卵であり、政之の弟でテレビのディレクターをしている研一に想いを寄せている。

「妻と女の間」の解説

美しい四人の姉妹とその夫たち、そして次女の夫の愛人たちが織りなす様々な人間関係を描いた瀬戸内晴美の同名小説の映画化。脚本は「ノストラダムスの大予言」の八住利雄、監督は「恍惚の人」の豊田四郎と「吾輩は猫である」の市川崑による共同演出、撮影は「雨のアムステルダム」の岡崎宏三と、長谷川清がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督豊田四郎 市川崑
出演三田佳子 大空真弓 酒井和歌子 仁科亜季子
制作国 日本(1976)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「妻と女の間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:14:00

広告を非表示にするには