野獣死すべし('59) 作品情報

やじゅうしすべし

大藪春彦の原作を映画化したスリラー作品

「岡田さん……」深夜の住宅街を歩く岡田刑事は車の中から呼びかける声に近づいた。と小さく鋭い銃声、岡田は歩道に倒れた。車から降りたった青年、伊達邦彦であった。岡田のレボルバー拳銃と警察手帳をポケットにつっ込み、死体を車の後部に押しこむと、シボレーはすごいスピードで走り出した。引金を引いてから一分とたっていない。--伊達邦彦は大学院の学生だった。ハードボイルド文学の杉村教授のアルバイトをする傍ら、論文をアメリカのある財団の主催するコンクールに出して留学の機会をねらっていた。秀才、勤勉、誠実というのがもっぱらの評判だ。サッカーで鍛えた強靭な体、巧みな射撃術、冷徹無比な頭脳。その彼に完全犯罪の夢がくすぶり始めていた。

「野獣死すべし('59)」の解説

大藪春彦の原作を、「氾濫」の白坂依志夫が脚色し「大人には分らない・青春白書」の須川栄三が監督したスリラー。撮影は「奥様三羽烏」の小泉福造。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督須川栄三
出演仲代達矢 小泉博 東野英治郎
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-09-17

本篇に似た様な題のマカロニ・ウエスタンがダリオ・アルジェントの脚本の映画〈野獣暁に死す〉,国際スター仲代達矢が出演して格好佳い!

最終更新日:2019-09-22 16:00:06

広告を非表示にするには