恋人('60) 作品情報

こいびと

桑野・山本コンビによる青春映画

信州の山奥から、吉野・佐藤・大沢・池田の四人が大学受験のため上京した。彼らは先輩の医者小野の許に世話になることになった。試験は終った。ある日、小野の友人奥村の妹和子の誕生パーティーがあり、皆も小野に伴われて出席した。和子は彼らに好意をもち、東京案内をかって出た。吉野は和子に惹かれた。一行は夜になってチンピラと立廻りを演じ、警察の厄介になった。これが、和子の両親の心証を害した。--小野には朝子という恋人がいた。未亡人で、バーのマダムである。彼女は孤児を引取って保育園を経営していたが、財政が困難になりバーに出たのだった。試験の結果が発表になった。池田だけが不合格だった。吉野は、和子と兄の克巳を信州に招待、一行は山に登った。が、克巳が打撲傷を負い、天候も崩れ出して山小屋に避難した。

「恋人('60)」の解説

中村登と宮崎守の脚本を「明日への盛装」の中村登が監督したもので、桑野・山本コンビによる青春映画。「大願成就」の篠村荘三郎が撮影した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中村登
出演山本豊三 桑野みゆき 大泉滉 十朱久雄 沢村貞子
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「恋人('60)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-01 00:01:05

広告を非表示にするには