ジャズ娘に栄光あれ 作品情報

じゃずむすめにえいこうあれ

浜村美智子が主演のミュージカル青春篇

夜更けのOKテレビの前に支那ソバ屋の屋台車を出している民爺さんの眼前に身なりの貧しい、若い娘が現れた。この娘、島村美奈子といい、歌手を夢みて大阪から家出してきたという。気さくな爺さんは美奈子をテレビ・プロデューサー秋田に紹介するが問題にされない。が、このとき入ってきたスタア芸能新聞の記者千葉栄子は美奈子の顔に見覚えがあったので秋田にテストを勧め、彼女の後を追ったが姿を見失った。その美奈子は民爺さんの好意で、彼の家に泊ることになった。が、貧しい爺さんの家では黙っていることもできない。美奈子はバーに勤めたが、そこを間もなくクビになった。ついで美奈子は、民爺きんの知合いの周旋屋に誘われ、逃げた芸者の穴うめに使われることになった。しかし宴会に出た彼女は日本流エチケットを全く知らぬとあって大失敗、民爺さんの家に戻ることになった。そのうえ爺さんは肺炎にかかり、美奈子は木枯の吹く街で屋台車をひかねばならなかった。

「ジャズ娘に栄光あれ」の解説

「善太と三平物語 お化けの世界」の山本嘉次郎、それに蓮池義雄が共同で書いたシナリオを山本嘉次郎が監督した。カリプソ娘、浜村美智子が主演のミュージカル青春篇。撮影も「善太と三平物語 お化けの世界」の芦田勇。主演は浜村美智子を中心に「サザエさんの青春」の小泉博、「青春航路」の宝田明、江原達怡、「大当り三色娘」の山田真二、「地球防衛軍」の白川由美、ほかに久慈あさみ、柳家金語楼。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督山本嘉次郎
出演浜村美智子 小泉博 江原達怡 久慈あさみ
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ジャズ娘に栄光あれ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:13:06

広告を非表示にするには