東京ドドンパ娘 作品情報

とうきょうどどんぱむすめ

井田探が監督した明朗編

ダイヤモンド・レコードの社長鶴野亀三郎は高血圧のため自宅療養を続けることになった。喜んだのは専務の小松と文芸部長の木原だ。社長には子供がないので社長の座は自分たちにまわってくると睨んだからだ。ところが社長に呼ばれた小松はビックリ仰天--二十数年前にできた男のかくし子を探し出して社長にするというのだ。この小松と木原に悪智恵を進めたのがヤクザの親分悪津である。悪津は彼の子分五郎を鶴野のかくし子桜井光彦にしたててしまった。親子の対面も小松たちの巧妙な芝居で成功した。五郎は若社長になりすまし毎日メクラ判を押す生活が始った。こんな五郎の姿に心を痛めているのが恋人の京子だった。

「東京ドドンパ娘」の解説

「刑事物語 部長刑事を追え!」の高橋二三と、井田探の脚本を、「一石二鳥」の井田探が監督した明朗編。撮影担当は「善人残酷物語」の山崎安一郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督井田探
出演沢本忠雄 香月美奈子 渡辺マリ
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「東京ドドンパ娘」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-07-24 00:01:57

広告を非表示にするには