ドーベルマン刑事 作品情報

どーべるまんでか

千葉真一、深作欣二がコンビを組んだ映画

新宿で女性の焼死体を発見。連続殺人放火魔の仕業と警察は断定。害者の身元は、玉城まゆみ、沖縄石垣島出身。警察は害者の男関係から、元暴走族の三迫長栄に容疑をかける。加納竜次は、石垣署から、玉城の遺骨を引き取りに東新宿署に派遣された刑事でまゆみの母親は、娘の生存を主張し、このことから加納は、この殺人事件に興味をいだいた。ある日、超高層ビルで、狂人が女性を部屋に閉じこめるという事件が発生。警察が手をこまねいている間に、加納は持前の荒っぽさでなんなく人質を救出した。だが、この事件は人質だった春風美樹をマスコミに売るために彼女のマネージャー・英森が仕組んだものとは誰も気がつかなかった。英森は彼女をスターにすることに一生をかけていた。加納はそんな彼女に、まゆみの母親の言葉がうかび、まゆみと美樹がオーバーラップするのであった。加納は美樹にまゆみの十七歳の時の写真を見せた。整形手術をほどこしている美樹は反応を示さなかった。もう一人、美樹に近づいた男がいた。三迫長栄で、彼女が三年前までソープランドで働いていたと暴露。

「ドーベルマン刑事」の解説

千葉真一、深作欣二監督が十一年ぶりにコンビを組んだアクション映画。少年雑誌に連載されている同名原作をもとにしているが、この作品は劇画になる以前の主人公のプロローグ篇。今日のスター歌手誕生の裏で繰り広げられるスキャンダルを中心に描く。脚本は「北陸代理戦争」の高田宏治、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督深作欣二
出演千葉真一 ジャネット八田 松田暎子 鈴木康弘 藤岡重慶
制作国 日本(1977)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ドーベルマン刑事」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:12:09

広告を非表示にするには