約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯 作品情報

やくそくなばりどくぶどうしゅじけんしけいしゅうのしょうがい

無実を訴え続ける、ある死刑囚の闘い

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯のイメージ画像1
約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯のイメージ画像2

昭和36年、三重県名張市のとある地区で開催された住人たちの懇親会。そこで振る舞われたぶどう酒を口にした女性たちが苦しみ訴え始め、15人のうち5人が死亡した。これが「名張毒ぶどう酒事件」です。容疑者として逮捕された奥西勝は自白を強要されたとして、無罪を主張、1審は無罪。しかし、2審で死刑判決。昭和47年、最高裁で死刑が確定した。事件から51年――弁護団は無実の決め手となる新証拠を示すも、審請求と棄却が際限なく繰り返されている……。

「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯」の解説

1961年に起きた「名張毒ぶどう酒事件」により、戦後初めて無罪からの逆転死刑判決を下された奥西勝の苦悩と戦いを、実録ドラマとドキュメンタリーを融合させて描く。事件発生当初から蓄積した圧倒的な記録と証言を再検証し、本作を作り上げたのは、東海テレビの名物ドキュメンタリー「司法シリーズ」の齊藤潤一(脚本・監督)と阿武野勝彦(プロデューサー)。『平成ジレンマ』や『死刑弁護人』などの傑作ドキュメンタリーを手掛けてきた二人が、51年間も獄中にいる奥西の真実に迫り、弁護団、支援者の苦悩を追いながら、日本の司法のあり方に異議申し立てを行う。ドラマ部分で現在の奥西勝を演じる仲代達矢の抑制のきいた名演も見どころだ。

約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年2月16日
キャスト 監督・脚本齋藤潤一
出演仲代達矢 樹木希林 天野鎮雄 山本太郎
ナレーション寺島しのぶ
配給 東海テレビ放送
制作国 日本(2012)
上映時間 120分

(C)東海テレビ放送

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-02-12

本篇の登場人物を題材にしたドキュメンタリー映画〈ふたりの死刑囚〉でも看守の足音に怯え悩まされる永い夜の毎日の辛さが描かれて居た…

最終更新日:2020-02-17 16:00:07

広告を非表示にするには