かぐや姫の物語 感想・レビュー 22件

かぐやひめのものがたり

総合評価4点、「かぐや姫の物語」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「たけのこちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-05-21

はじめてみました。くちずさむ唄や、琴の音が印象的でした。子どもも一緒にみたんですが、翌日「たけーけのこ♪たーけのこ♪」とうたっていました(^^;)翁の顔がどことなく高畑監督に似ていますね。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-05-19

冒頭の絵のタッチからフレデリック・バック監督の傑作アニメーション〈木を植えた男〉や中国の手書きアニメーションの名篇が想い出された…。宮崎駿作品〈風立ちぬ〉ロードショー公開時に観た予告篇の様な生々流転するが如きタッチは本編の夢のシーンに如実に表現されていたー。王朝宮廷絵巻物と水墨画の世俗画と近代文學の自我の目覚め、原罪等が同居しフュージョンした亡き高畑勲監督の意慾作品。追悼番組の金曜ロードショーの頭で監督の「海外でも評判佳く、二度三度と繰り返し観られてます」と云う言葉が紹介されている。其れは巨匠・黒澤明監督作品が海外で評判を呼んだ現象ともオーバーラップしたんだ。

P.N.「天才」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2015-03-13

この世に生まれて、三度目ですが、どうでもいい内容でどうでもいい技術の…どうでもいいはずのこの「かぐや姫」でこのおじさんの目にも涙を爆発的に湧かす傑作を生み出すのは、天才以外の何ものでもあるまい

P.N.「讃岐造」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-03-14

とんでもない怪物映画でした。予告編の不出来がもったいない。
この世での人の幸せに憧れたかぐや姫、月から落とされ現実を突きつけられる苦しい思いをして行きますね。
捨て丸もかぐやも望んだ通りの人生を送れず、これでいいのかと悔やむ中で、問答無用に記憶を消されて月にかっさられる主人公の不幸は余りにも悲痛でした。
それでもこの世は美しいのだと肯定するかぐや姫。
死に際に人生を振り返る、人としての未来を突きつけられたようで愕然としました。
繊細な音楽、絵のタッチ、曲線、文学性と、ずば抜けた作品でした。

P.N.「アリステテレス」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2014-03-06

映画好きな友人が涙がずっと……と 言うことで、お勧めされて見に行きました!思ってたより、風景画は ほのぼのとして良かったけど、人物はイマイチ!アクテブ過ぎたかぐや姫で、ドン引きました↓最後の月からの御迎えの音楽に白けました!子供の時に読んだままのかぐや姫のほうが、良かったです♪かぐや姫知らない人ならOKかも

P.N.「年男」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2014-02-27

決して今までの作品がつまらなかったという訳ではないですが、ジブリ作品としては、『千と千尋の神隠し』以来の傑作であり、なおかつ『火垂るの墓』以来に泣けた作品でした。
確かに姫は、絶世はおこがましい感じでしたが、ちゃんと美しく見えたし、絵や人間関係も言ってしまえばベタですが、とても丁寧に描けていたと思います。
星一つマイナスは、ラストがしんみりしすぎちゃいました。
そこだけは原作通りにはせず、姫はどうにか地球に残れなかったのかなと思います。

P.N.「大3→大4」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-02-09

「観てよかった」、ただその一言に尽きましたね。
ジブリ作品では久しぶりに涙が出ました。
ただ原作を読み返すのとは訳が違います。
映像や音楽の美しさがあり、姫の優しさや美しさ、苦悩や孤独感を見事に表現できており、出演者は昨今のジブリ作品と同様に、俳優の皆さんでしたが、キャラとのマッチも演技力も素晴らしすぎました。
高畑監督にはもう一頑張りしていただきたいと思えたし、まだ未鑑賞で、少しでも興味のある方、全く興味のない方も、騙されたつもりで、この感動を一度でも劇場で是非。

P.N.「純夫の孫」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-01-31

自分が死ぬまで何度も観返す映画、こんな映画を作ってくれて有難う御座います。
俺、我武者羅に頑張ります。俺の、命の記憶にあったサムライスピリッツを呼び起こされました!

本当に本当に、こんな素晴らしい映画を作ってくれて有難う‼︎

P.N.「目立里」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-01-18

「みんな不幸になった。私のせいで」
要するに姫の犯した罪と罰とはこの事か?

それにしてもあの姫が駆け走るシーンと、捨丸が姫と空を飛ぶシーンが、結局どちらとも夢だった所がグッときた。
かぐや姫と捨丸の「本当はこうしたかった」という心が、夢に現れてる感じがします。
「地球の楽しみ方」が美しく表現された、素晴らしい映画だと思います。
ジブリの中で一番好きになりました。

P.N.「☆☆☆」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-01-06

最高***なける***

P.N.「ナカ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2014-01-05

この作画風で、二時間半の長編アニメ映画… 寝るのを承知で観ましたが、よい意味で裏切られました。

個人的には、「風立ちぬ」より、メッセージが伝わりやすく、余韻が残る映画でした。

ただ、二時間半の長い映画のわりには、「罪と罰」が分かりづらかったような…

ちなみに、古典竹取物語は読んだことありません。

P.N.「シーザー」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2014-01-01

実は予告編をみた段階でこの映画はパスと思ってたのですが、いつも辛口のキネ旬の評論家レビューで珍しく3人とも5つ星をつけてたので動かされてしまいました。
最初の20分ぐらは、ラフで淡いタッチ、不細工な人はとことん不細工に描かれた絵に感情移入できませんでした。しかし時間が経つうちに徐々に引き込まれ、中盤からは涙がだだ漏れでした。
何の奇のてらいもないピュアな直球勝負の映画です。でもこの文学性というか叙情性は子供向きではないと思います。

私は2013年邦画No.1だと思います。

P.N.「家具屋姫」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2013-12-26

話の中では かぐや姫を「絶世の美女!」「なんとも美しい姫」と美女美女キャラでしたが、だったらもっとズハ抜けて美少女に描いた方が良かったんじゃないかと…。周りの女達が皆おかめ顔だから かぐや姫がマシに見えるだけのような…。「かぐや姫」だよ?もっと美しい姫でしょ…あれは普通。

P.N.「李瑜惇」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2013-12-26

帝(みかど)が気持ち悪い!やっぱり好きな男にしか抱かれたくない。
最後は「かぐや姫」ならではの終わり方でした!マツコデラックスみたいな人が降りてきます。
この映画は女性の方が共感できる内容だと思います。まぁ女性の恋愛経験によって「共感」が、かぐや姫への「嫉妬」に変わりそうですが…。私は共感できました。何度も泣きそうになりました。迫力もあって素晴らしいです。

P.N.「Michael」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2013-12-26

P.N.moonさん、時代背景からして、あのセリフ等、考え方あってると思う。
かぐや姫を現代に時代背景に持って来てるなら、その感想はあっています。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2013-11-30

これは…高評価と低評価に分かれるのも分かる、と思いました。

水彩画に近い画風、丁寧な心理描写、声優は役者を起用しているがきちんと感情移入できる。
脇を固めるメンバーが素晴らしい…。

どれもよかった。

かぐや姫ですから当然最後は月に帰りますが、そこもよかったです(流れは唐突ですが)

が、私はかぐや姫自身が好きになれませんでした(;^_^A
絶世の美女?でしたかねぇ…。

P.N.「moon」さんからの投稿

評価
☆☆☆☆
投稿日
2013-11-29

捨丸(妻子あり)は、『妻子を忘れ』姫と抱き合い恋の炎を燃やす。抱き合って空を飛びまわるシーンを延々と5分見せられて『愕然・茫然』「高畑監督、道徳観あるの?」”不倫を美化する”映画で、子供にみせられない。『韓ドラ路線』への転換? 帝(みかど)が『私に抱かれたくない女はいない』などと おっさんが、キャバクラでホステスにささやくような『軽薄さ』。『天皇も昔からこんな感じで軽薄でしょ』って言いたいわけ? *ジブリ史上最低の「変態映画」* 

P.N.「猫のエース」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2013-11-29

どんなものかとあまり期待もせず、憶測もせずに見に行きましたが、心底感動してしまいました。
初めは、絵のタッチと独自の世界観に慣れなかったのですが、いつの間にかこの表現の世界に入り込んでいました。
何より絵の表現的な部分だけでなく、心を動かされ、フツフツと心の琴線に触られ、物語が胸に染み渡りました。

また、見る人によって色々な解釈も楽しめると思います。
見終わった後の談義もこれまでになく、楽しめました。

P.N.「r」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2013-11-28

最後の最後、話がすぼんじゃった感がありますが、映像が素晴らし過ぎ!
あと地井武男の声、姫を思う気持ちがよく出てて、泣かされました(>_<)

P.N.「nisihiro」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2013-11-27

素晴らしさを言葉で表現出来ません、千年以上前にこれほど高いクオリティの物語を作り上げた先人を誇りに思います、高畑監督ありがとうございます。

最終更新日:2018-10-15 14:33:01

広告を非表示にするには