われら劣等生 作品情報

われられっとうせい

佐藤雄三が監督した青春もの

東和高校三年の新聞部員横田大助は、母一人子一人でアパートの一室をかりて暮していた。母とき子には愛人の松本がいたが大助は「おふくろもまだ若いんだから--」と割り切っていた。だが卒業も間近になり、家の事情で進学をあきらめなくてはならなくなった大助は、勉強するはりを失っていった。が、ある日、大助はとき子から、大学に行けるかも知れないと言はれた。松本が学資を出してくれるというのだ。大助は母を思って、いったんは断ったものの、心の動揺をおさえることはできなかった。そんなとき大助と同じ新聞部員、清水哲夫が編集会議の席上「ミス東和高校人気投票」の企画を提案した。しかし進学、就職を間近にひかえた部員たちは、後のいざこざを恐れて、この企画に消極的だった。そのとき大助が立ちあがった「俺が責任をとる、高校最後の楽しい思い出をつくろうではないか--」この大助の発言に部員たちも引きずられて、この企画を強行することにきまった。やがて「ミス東和高校人気投票」が発表され、校内は騒然となった。特に勉強嫌いの滝川やラグビー部のキャプテン高原はまっさきに賛同した。

「われら劣等生」の解説

鈴木亮の原作「現代高校生気質・われら劣等生」を「赤いダイヤ」の柳沢類寿が脚色、日本テレビ・ディレクターの佐藤雄三が監督した青春もの。撮影は「雌・めす・牝」「この道赤信号」の岩橋秀光。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐藤雄三
出演いしだあゆみ 香山ユリ 高石かつ枝 田村正和 太田博之
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「われら劣等生」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:45

広告を非表示にするには