踊り子行状記 作品情報

おどりこぎょうじょうき

直木三十五の原作を安田公義が監督した作品

左馬之助と十郎太は旗本の軽輩だが共に剣にすぐれた親友だった。上役の頼母は抜擢をうけた二人を招いて祝宴をはったが、その席で今売り出しの踊り子誰弥と団七は、秘かに左馬之助に思いをよせた。同じ席で旗本香東は登用にもれた恨みから、列席の札差大口屋暁雨に喧嘩を売り、その事から次の日、腹をたてた十郎太は香東を斬りすてた。左馬之助は十郎太の老母の事を思い、自ら彼の身代りになり、妹の千代を十郎太に托して暁雨のもとに隠れた。香東の義兄で旗本一刀組の首領渋川陣十郎は、執拗に十郎太を探し、危険を感じた暁雨は彼を誰弥の家に隠した。団七は誰弥が俄かに濃艶さを増した事から、彼女と左馬之助の仲を探ろうとする。誰弥の家は一刀組の厳しい監視の的におかれた。左馬之助は秘かに旅立とうとするが、これに気づいた一刀組は、左馬之助の偽手紙で誰弥をおびき出し、料亭井筒屋の一室に檻禁する。

「踊り子行状記」の解説

故直木三十五の原作から「快傑黒頭巾 マグナの瞳」の西条照太郎と、「鬼斬り若様」の犬塚稔が共同で脚色し、「鬼斬り若様」の安田公義が監督に、「次男坊判官」の武田千吉郎が撮影にあたる。主なる出演者は「鬼斬り若様」の市川雷蔵、「つばくろ笠」の山本富士子と黒川弥太郎、「月を斬る影法師」の勝新太郎、長谷川裕見子、江島みどり、「獄門帳」の市川小太夫のほか河野秋武、富田仲次郎など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督安田公義
出演市川雷蔵 山本富士子 勝新太郎 長谷川裕見子 江島みどり 黒川弥太郎 市川小太夫
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「踊り子行状記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:37

広告を非表示にするには