にっぽん三銃士 おさらば東京の巻 作品情報

にっぽんさんじゅうしおさらばとうきょうのまき

全てが違う三人が意気投合して大騒動!

黒田忠吾。通称・チュウさん。元帝国陸軍中尉。ハイヤー、タクシー業界のタイコ持ち的月刊誌の名ばかりの編集長だが卑屈な生き方に自己嫌悪しきり。八木修。通称・ヤギさん。満州はハルピンの生まれ。東大附属病院の助教授で医学博士だが、近頃はインポに悩む。風見一郎。通称・イッちゃん。一流広告代理店の一流社員。終戦記念日に生まれた戦無派。ある日この三人が、新宿のバー“ネスパ”で出会った。一郎はその日森川副部長に叱責されたが、無表情に黙っていた。でも、心の中では殺意を抱く程怒っているのだ。そして、帰社してから、コラムニストの古賀マリと知り合ったが、カッコ悪く別れた。八木は、いま、結婚生活五年目を迎え、欲求の激しい妻との間の性エネルギーの落差をどう埋めるか悩んでいた。忠吾は、古沢タクシーの社長の御曹子のために、ゴマスリ記事を書き、五千円入りの祝儀袋を追従笑いを浮かべて受け取った。

「にっぽん三銃士 おさらば東京の巻」の解説

四十代の戦中派、三十代の戦後派、二十代の戦無派と思想も、職業も、年令も全く違う三人が意気投合し、大騒動をひき起こす。原作は五木寛之の同名小説で、第一部“おさらば東京の巻”第二部、“博多帯しめ一本どっこの巻”と二部構成のうちの第一部。脚本は「雨は知っていた」の長野洋、監督は脚本も執筆している「激動の昭和史 沖縄決戦」の岡本喜八、撮影も同作の村井博がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督岡本喜八
出演小林桂樹 ミッキー安川 岡田裕介 藤岡麻里 加賀まりこ 和田恵利子 草野大悟
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「にっぽん三銃士 おさらば東京の巻」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:11:22

広告を非表示にするには