月給泥棒 作品情報

げっきゅうどろぼう

岡本喜八が監督したサラリーマン喜劇

吉本はクラウン・カメラの営業部員、同僚からは出世計算器とカゲ口をいわれるほどのチャッカリ屋だ。交換手の礼子から、人事部長が息子の高校入学にやっきとなっていることを聞くや、奔走して裏口入学のコネをつけてやった。計算は見事図に当って吉本は課長補佐に昇進。つぎに今度は商売仇のオリバー・カメラに勤めるみどりからすばらしい情報をきき出した。ザバール国のバイヤーホセ・ダゴン氏がカメラの買付けに来日するというのだ。ダゴン氏歓迎会の会場に、氏の後輩と称するカメラマンが着飾った娘を連れて現れた。クラブのホステス和子と吉本の斬り込み作戦だった。日本ムスメの美しさにダゴンさんの心が奪われたとみるや、和子をエサにさりげなくクラウンの性能を売り込む吉本。報告を聞いた専務は、会社の総力を結集してバックアップすることを約束した。

「月給泥棒」の解説

庄野潤三作『ダゴンさんの恋人』より「豚と金魚」の松木ひろしが脚色、「どぶ鼠作戦」の岡本喜八が監督したサラリーマン喜劇。撮影もコンビの逢沢譲。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督岡本喜八
出演宝田明 司葉子 十朱久雄 中丸忠雄
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「月給泥棒」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-24 00:01:15

広告を非表示にするには