若い娘たち('58) 作品情報

わかいむすめたち

石坂洋次郎原作の再度の映画化

海と山に囲まれた小都市--石沢家は二十歳で美人のカナ子、高校生のタマ子と母の美保子の三人暮し。カナ子の三人の姉はみんな、彼女の家に下宿した学生と結婚した。美保子はカナ子にも良い学生をと考えているが、カナ子は全然受けつけない。“貸間あり”の広告に、秀才タイプの山崎、ヒゲモジャの蛮カラ橋本、金持息子で軟派の田中の三人が申込んで来た。結局、ジャンケンで川崎が決った。カナ子は川崎に、私を好きにならないようにといった。カナ子の伯父で書店を営む柴田善吉は、養子で妻の千枝には頭が上らない。一人娘の澄子は年頃で、養子を探していた。千枝はカナ子の家のように学生を下宿させることにした。三人の競争者から、今度は橋本が決った。澄子はゴリラが来たと、ガッカリしたがヒゲをそった橋本は案外美男子だった。野村友子はカナ子や澄子の高校時代の友人で、父の浩太郎は医大の教授。友子も医大の生徒で、密かに川崎を募っていた。

「若い娘たち('58)」の解説

石坂洋次郎原作の再度の映画化で、「家内安全」の井上俊郎が脚色、「結婚のすべて」の岡本喜八が監督した青春映画。撮影は「ドジを踏むな」の小泉福造。「大学の人気者」の雪村いづみ、「サザエさんの婚約旅行」の山田真二をはじめ、水野久美・笹るみ子・野口ふみ江らの青春スターに、加東大介・上原謙・三宅邦子らが出演する。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督岡本喜八
出演雪村いづみ 笹るみ子 三宅邦子 野口ふみえ 加東大介 沢村貞子
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「若い娘たち('58)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-06-17 00:01:14

広告を非表示にするには