私たちの結婚 作品情報

わたしたちのけっこん

篠田正浩が監督した青春篇

圭子、冴子の姉妹の家は海苔業者だが、二人は家計を助けるために、川崎にある漁網会社に圭子は会計課、冴子は女工として働いていた。冴子は同じ職場にいる駒倉という真面目な職工に関心を持っていたが、圭子も駒倉と知り合いと知って、駒倉と圭子との結婚を願って二人の間を何かととり持っていた。その圭子には縁談が持上っていた、海苔組合長の息子である。圭子の両親は組合からの借金があるため、何とかこの話をまとめたがっていた。こんな時に、圭子の前に松本が現われた。松本は、昔圭子の家に出入りしていたかつぎ屋だが、今ではある会社の課長になっていた。松本は、美しく成長した圭子に惹かれ、積極的に彼女に接近した。松本と圭子のデートが何回かくり返された。圭子は松本の豪華な暮しにだんだんと傾いていった。そんな圭子に冴子は反発した、姉が貧乏に負けてほしくなかった。駒倉は安月給だからだ。冴子は圭子の気持を駒倉に戻そうとしたが、圭子は駒倉とのデートを断りつづけた。

「私たちの結婚」の解説

「山河あり」の松山善三と「三味線とオートバイ」の篠田正浩が共同で脚本を執筆、篠田が監督した青春篇。撮影は「川は流れる」の小杉正雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督篠田正浩
出演牧紀子 倍賞千恵子 東野英治郎 沢村貞子 三上真一郎
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「私たちの結婚」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-28 00:02:01

広告を非表示にするには