蝉の女 愛に溺れて 作品情報

せみのおんなあいにおぼれて

遊郭という監獄を生きぬく女たち!

蝉の女 愛に溺れてのイメージ画像1
蝉の女 愛に溺れてのイメージ画像2

かつて売春宿が立ち並んでいた歓楽街の遊郭「蝉丸」。遊女として生きる千草の前に、初恋の相手・中川が客としてやって来る。今は忘れてしまった淡い恋心。まだ女を知らない中川を千草が導くようにして結ばれた二人。学生時代の想いを遂げた二人は蝉丸を出て、幸せな将来を夢見るが、借金の肩代わりに娘を売った千草の義父が現れて……。

「蝉の女 愛に溺れて」の解説

童顔の顔つきが特徴的な元河合塾イメージガールで、2007年AVデビューし2011年引退後は、女優として本格的な活動をしている七海なな主演作。共演には各種映画祭で絶賛された『SRサイタマノラッパー』シリーズのIKKUこと駒木根隆介。園子温監督作品『恋の罪』での怪演が光る冨樫真。AVから演劇、一般映画など幅広い活躍をしている栗林里莉。他に下条アトム、中西良太、萩原流行等、癖のある役者が脇を固める。原作は映像化された『きらきらひかる』『モリのアサガオ』の原作者である郷田マモラの短編「蝉の女」。監督は、脚本家・映画監督・演出家として多彩に活躍する森岡利行。「ラブ&エロス シネマ・コレクション 2nd”Autumn”」にて上映。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年9月22日
キャスト 監督・脚本森岡利行
原作郷田マモラ
出演七海なな 駒木根隆介 冨樫真 栗林里莉 下條アトム 萩原流行
配給 アルゴ・ピクチャーズ
制作国 日本(2012)

(C)シネマ・クリエイション/レジェンド・ピクチャーズ

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「蝉の女 愛に溺れて」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-24 13:08:23

広告を非表示にするには