やっちゃ場の女 作品情報

やっちゃばのおんな

下町女性を描く作品

築地の青果市場、通称やっちゃ場の仲買い店、小田新の長女ゆき子は、男勝りのちゃきちゃき娘だ。ゆき子は、母くめが死んでからは、BGの妹早苗と弟一郎をかかえて、青森の果樹園の息子精一人と三人の若い衆を使って商売一切を仕切っている。父源造は先年家出して、時子という女と同棲していた。末の一郎だけは時々父と会っていたが、ゆき子と早苗は母を捨て、他の女と住んでいる父を許せなかった。叔母のたけは、ゆき子の将釆を思って縁談を持って来るが、密かに精一を思うゆき子はその縁談を断り続けていた。その精一を早苗も思っていた。或る日、ゆき子は強引なたけの頼みで、やむなく、村田という男と見合いをすることになった。

「やっちゃ場の女」の解説

田口耕のオリジナルシナリオを「江梨子」の木村恵吾が監督した下町女性をえがいた映画。撮影は「命みじかし恋せよ乙女」の宗川信夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督木村恵吾
出演若尾文子 叶順子 手塚央 信欣三 清川玉枝
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「やっちゃ場の女」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:24

広告を非表示にするには