ブラック・コメディ ああ!馬鹿 作品情報

ぶらっくこめでぃああばか

リチャード・スティガーの原作を映画化

棟東ペイント総務係長の赤沢は、タイピストのテル子に結婚を申し込んで断られてしまった。実はテル子は常務・結城の二号なのだ。それを知らず課長昇進のコネのために結城のアパートを訪れた赤沢は、異様な雰囲気から二人の関係を感じて、その夜ヤケ酒を飲みベロン、ベロン。一方会社をやめマンションに囲われたテル子は、結城の目を盗んで大学生とデートしていたが、それが露見して、しかられた腹いせに狂言自殺。びっくりした結城は、ひょっこり姿を見せた赤沢にこれ幸いとぐったりしたテル子をあずけた。すべて出世のためと引受けた赤沢はテル子を医者のところへ連れて行く途中で、乗ったタクシーが衝突、テル子は完全に息をしなくなってしまった。それから赤沢はテル子をおぶって、あちこちさまよい歩いた末、廃ビルにたどりつき、落ちていた袋にテル子をブチ込んで逃げ帰った。

「ブラック・コメディ ああ!馬鹿」の解説

リチャード・スティガーの原作を「日本一の裏切り男」の須川栄三が、脚色、監督した異色喜劇。撮影は「フレッシュマン若大将」の相沢譲。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督須川栄三
出演小沢昭一 高橋紀子 小林桂樹 中北千枝子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ブラック・コメディ ああ!馬鹿」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-24 00:01:14

広告を非表示にするには