関東やくざ嵐 作品情報

かんとうやくざあらし

小沢茂弘が監督した“関東”シリーズ五作目

梵夫一家と瀬戸内一家は、川崎大師の賭場の縄張り争いの真ッ最中であった。梵天一家の小頭尾形菊治は、瀬戸内の娘お絹と相思相愛であったが、この仲を瀬戸内が許すはずがなく、瀬戸内は梵天一家の親分北浦亀吉を傷つけ同僚を殺した。この責任をとれと代貸柳五郎になじられ、菊治は瀬戸内一家に乗り込み、お絹と弟勇吉の目前で瀬戸内親分を刺殺した。網走で刑期を終えた菊治は、車屋「相模屋」に戻って来た。長い年月は、いろんなことを変えていた。特に菊治を驚かしたのは、瀬戸内一家の衰亡と、梵天一家を柳が継ぎ、派手に土木請負業を営んでいることであった。病床の亀吉親分の勧めで、やくざから足を洗った菊治は、藤野組の下請けである丸高組に入り、身を粉にして働いた。丸高組小頭となった菊治は、行方の知れぬお絹を気づかったが、ある日賭場で弟の男に再会した。

「関東やくざ嵐」の解説

「脅迫 おどし」の宮川一郎と「関東果し状」の小沢茂弘が共同でシナリオを執筆、小沢茂弘が監督した“関東”シリーズ第五作目。撮影は「四畳半物語 娼婦しの」の鈴木重平。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢茂弘
出演鶴田浩二 桜町弘子 宮園純子 山本麟一 加藤嘉 藤山寛美
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「関東やくざ嵐」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:09:01

広告を非表示にするには