劇場版 ライバル伝説 光と影 作品情報

らいばるでんせつひかりとかげ

あの時ライバルは何を感じていたのか

劇場版 ライバル伝説 光と影のイメージ画像1
劇場版 ライバル伝説 光と影のイメージ画像2

「いつも、おまえが憎かった。」1973年、作新学院のエースとして甲子園をわかし、読売巨人軍に入団した怪物・江川卓。その時、雑草・西本聖は巨人軍、入団5年目。甲子園出場もなく、ドラフト外で入団した西本にとって江川は、築き上げてきた地位を脅かす存在であった。互いが投げる試合を見ながら、「打たれろ!負けろ!」と心の中で叫び続けていたという江川と西本。今まで一度も腹を割って話をしたことのない二人が、思い出の合宿地・伊東で再会を果たす。「私なら金を獲れた。」1992年。バルセロナ五輪、女子マラソン日本代表の最後の一枠を巡り、日本中の注目を集めていた二人の選手がいた。1991年世界選手権で4位の好成績を修めた有森裕子。一方、1992年1月 大阪国際女子マラソン2位に入った松野明美。「私を選んでください。」発表前日、松野の異例の会見に象徴される二人の代表争いは、スポーツ史に残る事件だった。バルセロナ五輪以降、一度も言葉を交わすことのなかったライバル二人が再会することになった。二人の心の中に去来するものとは…。

「劇場版 ライバル伝説 光と影」の解説

TBSテレビで放送され、好評を博した「ライバル伝説…光と影」と「スポーツ人間交差点…光と影」をテレビ放送時には入りきらなかった未公開シーンを加え、大幅に再構成・再編集して劇場公開。語り手は、俳優・堤真一。劇場版・総監督は、TBSテレビ「ZONE」「バース・デイ」「プロ野球戦力外通告 クビを通告された男達」など、数々のスポーツドキュメントを手がけてきた同局プロデューサー菊野浩樹。日本のスポーツ史に名を刻んだ選手達。あの時何を思い、いかにしてその後の人生を歩んできたのか。当事者が語る戦いの真実と積年の思いを、それぞれの視点から描いていく。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年6月16日
キャスト プロデューサー・総監督菊野浩樹
出演江川卓 西本聖 有森裕子 松野明美
語り手堤真一
配給 東京テアトル
制作国 日本(2012)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「劇場版 ライバル伝説 光と影」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:59

広告を非表示にするには