BRAVE HEARTS 海猿 作品情報

ぶれいぶはーつうみざる

346人の乗客乗員、全員、絶対に助け出す!

BRAVE HEARTS 海猿のイメージ画像1
BRAVE HEARTS 海猿のイメージ画像2

海上保安官の仙崎大輔とバディの吉岡哲也は、海上保安庁最高レベルのレスキュー能力を誇る“特救隊”こと「特殊救難隊」の隊員となっていた。仙崎の妻・環菜は第二子を妊娠中で、横浜で家族三人、幸せに暮らしている。吉岡には、CAをしている恋人・美香がいる。ある日、美香の乗ったジャンボジェット機206便が羽田上空にてエンジン炎上のアクシデントに見舞われる。空港への着陸が困難となった206便は、海上への着水を強行するが…。

「BRAVE HEARTS 海猿」の解説

2004年にスタートした「海猿」シリーズの映画版第4弾。本作では、潜水士のエキスパート集団で海難救助の最後の砦と言われる「特殊救難隊」の活躍と、原作最大のエピソードながら映像化不可能と言われて来た“ジャンボジェット機海上着水”のエピソードを迫力の大スケールで描いている。海上への着水を余儀なくされたジャンボ機の乗客乗員346名を救い出そうと、海上保安官、警察、空港、消防、病院、港湾関係者、民間人らが協力し合う様子は、名もなき多くの人びとの“勇気の力”を感じさせ感動的。実寸大で再現されたジャンボジェット機の様子も、リアルな迫力だ。シリーズを通じて監督を務めて来た羽住英一郎が本作でもメガホンをとっている。

BRAVE HEARTS 海猿のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年7月13日
キャスト 監督羽住英一郎
原作佐藤秀峰
原案・取材小森陽一
出演伊藤英明 加藤あい 佐藤隆太 仲里依紗 三浦翔平 平山浩行 伊原剛志 時任三郎
配給 東宝
制作国 日本(2012)
上映時間 116分

(C)2012 フジテレビジョン ROBOT ポニーキャニオン 東宝 小学館 エー・チーム FNS27社

ユーザーレビュー

総合評価:4.84点★★★★☆、45件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-06-11

この映画をまた観たくなった。何よりもパワーをもらえるからだ。それにしても加藤あいさんはとびっきりの美人だ。こんな人が世の中にいるのかと思うくらい、いいオンナだと思った。大好きだった。これは最高のエンターテイメントだ。

最終更新日:2020-06-16 16:00:10

広告を非表示にするには