HELL 作品情報

へる

ローランド・エメリッヒが描く終末後の世界

HELLのイメージ画像1
HELLのイメージ画像2

2016年。太陽活動の変化により、地球の大気温度は10度上昇。強烈な太陽光が照りつけ、水と食糧は枯渇し、人類の文明は崩壊した。マリーとレオニーの姉妹は、車に残り少ないガソリンを積み、荒廃した都市を離れ山岳地帯を目指す。湧き水が残されている、生存可能な場所があることを信じて。連れはフィリップというマリーの恋人と、途中のガソリンスタンドで合流したトムという男。しかし山間部にさしかかった車は、バリケードに行く手を塞がれ、謎の男たちによりレオニーが連れ去られてしまった。必死で妹を捜すマリーは、エリザベートという女と出逢い、荒れ果てた農場にたどり着く。そこに棲む“家族”には、恐るべき秘密があった。旅行者を拉致・監禁し、食糧として飼育していたのだ。レオニーも、その農場に囚われていた。エリザベートの目的は、貴重な女性である2人を、息子たちの花嫁という奴隷にすることだった。

「HELL」の解説

『2012』『インデペンデンス・デイ』など、ハリウッドを代表するヒット・メーカー、ローランド・エメリッヒが、祖国ドイツの若き才能チームと組んで送り出す注目作。舞台は2016年の地球。文明が崩壊した“終末後(ポスト・アポカリプス)の世界”でのサバイバルという設定はいかにもエメリッヒだが、ここで描かれるのは『2012』のような破壊のスペクタクルではない。猛烈な太陽光線により、ギラギラとハレーションを起こしているような映像。その明るさとは対象的な、絶望と恐怖に満たされたストーリー展開。ハリウッド的エンタメ性と、ドイツ的ダーク・テイストが混ざり合うことで、独特の緊張感がみなぎる傑作SFスリラーが誕生した。監督は、本作が長篇デビューとなるティム・フェールバウム。主演は『4分間のピアニスト』のハンナ・ヘルツシュプルング。(作品資料より)

HELLのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年6月30日
キャスト 監督ティム・フェールバウム
製作総指揮ローランド・エメリッヒ
出演ハンナ・ヘルツシュプルング ラース・アイディンガー スタイプ・エルツェッグ アンジェラ・ヴィンクラー リサ・ヴィカリ
配給 アルバトロス・フィルム
制作国 ドイツ=スイス(2011)
上映時間 90分

(C)2011 CALIGARI FILM- UND FERNSEHPRODUKTIONS GMBH / VEGA FILM AG- All Rights Reserved

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「HELL」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:46

広告を非表示にするには