のんき夫婦 作品情報

のんきふうふ

とある偉丈夫と芸者上りの女の愛情を描く

とある港町で刑事をしている花森重太郎は柔道五段という猛者。病気の妻咲枝は一人娘の安子を残し実家で養生中。就職の相談にと彼を訪れた戦友立花は、とんだ誤解から柔道五段の腕で重太郎の恋人、小料理屋“みなと”の女将友子を投げとばしてしまい、スゴスゴと引揚げる。そんなある日、やって来た実家の父は彼の品行に憤慨し、咲枝の離婚話を持出した上、安子を引取って行く。署長に相談しても友子と縁切りを迫られ、重太郎は自棄気味で警察を辞め、友子の口利きで立花と柔道の道場を開く。開場の日、咲枝死去の電報。

「のんき夫婦」の解説

風光明媚な港町の警察に勤める柔道五段の偉丈夫と、芸者上りの伝法肌の女とが、牧歌的な雰囲気の中にくり展げる心よい情緒と愛情の経緯を描く。「病妻物語 あやに愛しき」の新藤兼人のオリジナルシナリオより、「ロマンス娘」の杉江敏男が監督、「男の魂」の岡崎宏三が撮影を担当する。主な出演者は、「兄とその妹」の小林桂樹、「新婚第一課」の久慈あさみ、「鬼火(1956)」の加東大介、「女囚と共に」の淡路恵子、「へそくり社員とワンマン社長 ワンマン社長純情す」の北川町子、その他東野英治郎、左卜全、中村是好、多々良純のヴェテラン脇役陣。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督杉江敏男
出演小林桂樹 久慈あさみ 加東大介 中北千枝子 武田悦司 東野英治郎
制作国 日本(1956)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「のんき夫婦」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 16:08:04

広告を非表示にするには